タグ:撮影入門&撮影資料 ( 10 ) タグの人気記事

「写真ゼロ番地知床実行委員会」でミニワークショップを開催しました

かわうそ商店の店長が実行委員長を務める
写真ゼロ番地知床実行委員会主催の
第一回「ゼロから始める写真撮影」を8月28日(日)に6名の参加で開催しました
講師は、不肖ながらもかわうそ商店店長&efke fanの管理人がおこないました(汗)

ちょー初心者向けと謳いながら参加者は、そこそこ写真を撮っている方達だったようで
普段から撮り歩いているけど、なんでこう写るのかわからない?
こんな場面ではどうしたらいいの?
などちょー初心者というより、中級者&中級者予備軍でのワークショップになりました

それでも、予定通りちょー初心者向けのお話しからスタートして
座学の後半は、ちょっとだけ背伸びしたお話しも交えました

f0237711_14492607.jpg
撮影実習風景


午後からは、2,3のポイントに気をつけてもらいながらの撮影実習
普段足を運ぶこともないだろうJR知床斜里駅内(入場券買いました)と地元のイベント「楽市楽座」会場で撮影
(*JR知床駅、楽市楽座実行委員会に事前了承頂きました)

そして、撮影後に写真をプリントして講評のお時間
参加者の作品には、ガンガン訴えかけてくるメッセージ性の高いものばかり
せんせーの写真が深海に沈んでしまいタジタジでした(汗)
これも、ワークショップの内容が良かったのだろうと思うことにしました(笑)
と言う事で、自分自身も大層勉強になった一日でした

f0237711_14522579.jpg
f0237711_14535143.jpg
f0237711_14524075.jpg
せんせーで管理人はこんなつまらない写真を撮ってました(汗)
写真はすべてPENTAX K-1 FA50mmF1.4


盛りだくさんの内容で
知恵熱こそ出ませんでしたが、エネルギーを使い果たした管理人は9時前に床につきました(爆)

最後になりましたが、参加者の皆さま、JR知床駅の皆さま、楽市楽座実行委員会の皆さま、会場をお借りしたエスグラフィー様に感謝を申し上げます
そして、写真ゼロ番地知床実行委員会のメンバーありがとう!

次回開催の9月25日(日)も頑張ります(^ ^)ゞ





[PR]
by efke_fan | 2016-08-30 14:56 | 写真集・写真展・イベント | Comments(2)

赤外写真撮ってみました

先日の「赤外を愉しめる季節になりました」記事をフェイスブックでもご案内したら
けっこうな人気記事になっていました
赤外写真に興味を持っている人がけっこういるんだなと思ったんですが
身近に教えてくれる人がいないと、中々踏み出せない分野なんですよね
自分もそうだったし・・・

でも、案ずるより産むが易し
フィルムに合った赤外フィルターを付けて
絞りとシャッター速度を選択し
ピントをマニュアルフォーカスで合わせるて
普通のフィルム撮影の基本に段階露出のエッセンスをちょちょいって感じで
写っちゃうんです

で、一昨日赤外入門フィルムとしてお勧めしているROLLEI 400Sで赤外写真を撮ってみました
日が長いとはいえ、時間は17時頃(順光での撮影)
赤外線の飛んでる量は(表現があっているかどうか)日の高いほうが多いと聞いたので
この時間だと、ダメかなと思いながらの撮影でしたが
こんな感じになりました
入道雲なんかあると、良い感じの写真になるんでしょうけど
広い空に雲がないと今ひとつですね

f0237711_21395562.jpg
F16 1/250 フィルター無し
最初の一枚は、フィルターを付けないで普通に撮影

f0237711_2140223.jpg
F16 1/30 ヘリオパンRG715フィルター
スキャナーノイズが・・・
赤外フィルターを装着し、シャッター速度を3段落として撮影
以下、シャッター速度を1段ずつ段階露出をして4枚撮影しました

f0237711_2140352.jpg
F16 1/15 ヘリオパンRG715フィルター

f0237711_21414270.jpg
F16 1/8 ヘリオパンRG715フィルター

f0237711_21412654.jpg
F16 1/4 ヘリオパンRG715フィルター

赤外写真は、白い雲は真っ白に、緑の雑草は白く、青空は黒くなりま〜す
尚、撮影には三脚を使用しました


フィルムオンラインショップ、かわうそ商店の入り口はこちら
[PR]
by efke_fan | 2013-07-08 21:52 | Rollei RETRO400/400S | Comments(0)

初めての赤外写真〈ISO400の赤外フィルを使ってみました〉

時期は過ぎちゃったけど、赤外フィルムのRollei INFRARED400Sを使ってみました
このフィルム、赤外フィルムとなっているけど
赤外領域に感度があるISO400の普通のモノクロフィルムになります

赤外写真というと、なんだか敷居が高く思えてなりませんが
聞くのと、撮るのは大違い
真っ黒な空に白い雲が浮かび、緑が雪のように白く主張する魅惑の描写
一度は撮ってみたいと思っても難しそうだし、回りに先生もいない・・・
ISO400の感度ということもあり、ギリギリ手持ち撮影が可能なので案外簡単でした
とは言っても、いくつかのポイントはあります
INFRAREDO400Sの実例として記載してみます

初めての赤外写真撮影のポイント

◎フィルム装填は暗所で
 赤外線フィルムは感光しやすいので、安全のため夜間電気を消し薄暗いところで
 カメラにフィルムを装填・取出しします(手元がちゃんと見えるくらいの明るさで可)
 フィルムによっては全暗(暗室やダークバッグ内)指定の物もありますが、現行販売フィルムは暗いところなら大丈夫です。

◎赤外フィルターを使用すること
これを使わないと普通のモノクロ写真になります
赤外写真にはなりません
720nm付近の数字が書いてあるフィルターを使います
かわうそ商店で販売しているフィルターは715nmです
デジタル専用の赤外フィルターは、フィルには適しません

◎初夏から初秋の晴れた日中を狙う
大気中の赤外線量は夏の日の高い時間が多いらしいので
赤外効果がでやすいのです

◎なるべく順光で撮影する
逆光では、空が黒く落ち、雲と緑が真っ白くなるスノー効果が出にくいです

◎最初のカットはフィルターを外すこと(慣れるまで)
赤外写真を撮るときは1枚目はフィルターを外し普通に撮影することをお勧めします
この時、撮影時の絞りとシャッター速度を記憶します(例:F11 1/500)
普通に撮影した写真と赤外効果の写真の違いが分かるので
次回撮影する際のデータとして役立ちます

◎段階露出をすること
赤外写真は真っ暗なフィルターを付け、目に見えない赤外線を相手にするため
適正露出が判断できません
フィルムにより違いますが、フィルター無しから3段プラス露出で撮影し
更に3段階くらいプラス1段ずつ露出補正して撮影します
今回の段階露出はINFRARED 400S での値です

◎マニュアルモードで撮影する
マニュアルモードが使用できるカメラと、マニュアルフォーカスが出来る機材を使用します

◎ピントもマニュアルを使用する
実際のピントと、赤外写真のピントがずれちゃいます
なので、マニュアルでピントリングをちょっとだけ調整します
以前のレンズには、レンズ距離計のところに赤外撮影用の赤いポチやRの目印がありました
普通にピントを合わせてから、赤い目印までずらします
  
f0237711_20193146.jpg
10mの所が普通に合わせたピント位置から
赤外フィルターを付けた時は、赤いRの線に合わせる(ファインダー内はピントがずれます)
赤い目印が付いていないレンズは、ピントを合わせた後、近距離側に感で少しずらします(汗)

◎一眼レフよりレンジファインダーや二眼レフが使い易い
フィルターを付けると一眼レフは真っ暗でなにも見えなくなるから
三脚が必要になります。
 レンジファインダーや二眼レフなら、被写体を確認しながら撮影できるので
手ぶれしないシャッター速度なら手持ち撮影も可能です。

◎フィルム
赤外線に感じるフィルムは現在次のものがあります
nmが赤外感度で、数字が大きい方が赤外写真効果が高いと考えて下さい。
Rollei INFRARED400S・・・820nm
Rollei RETRO80S・・・760nm
Rollei SUPERPAN200・・・750nm
Rollei RETRO400S・・・730nm
ILFORD SFX200・・・740nm
*IR715もしくはIR72フィルターを使用した場合、上記全てのフィルムが使えます。

撮影例はこちら
[PR]
by efke_fan | 2012-09-06 19:53 | Rollei Infrared400赤外 | Comments(0)

オルソマチックフィルムってどうなの?

週末のエフケの件でいつまでも落ち込んでいる訳にはいかないので
気分転換でフィルムテスト記事をアップしま〜す


モノクロフィルムの箱に
オルソマチックとかパンクロマチックなんていう記載があります
簡単に言うと、フィルムが紫外線から赤外線のどの色の波長を感じるかということ
オルソマチックは、赤系より上の波長を感じなくなり
パンクロマチックは、人が感じる波長と殆どを同じ波長を感じます
スーパーパンクロマチックとか赤外とかは
人が感じない赤外の波長を捉えることが出来るって感じですかね
解説に多少の間違いがあっても作例写真の前振りなので許してくださいね
難しいことは他の方のサイト等を参照して下さい

じゃ、オルソマチックはフィルムとしてどうなのって事で比較撮影してみました

テストフィルムは次の通りです
オルソマチックがローライのORTHO 25(オルソ25)
パンクロマチックが同じくローライのRPX 400

ISO25とISO400の比較ですみません
たまたまカメラに入っていたパンクロマチックフィルムがRPX400だったって事なのです

では作例比較をば
f0237711_20245699.jpg
FUJI KLASSE S RPX 400

f0237711_2025229.jpg
PENTAX Z-1 ORTHO 25

空き缶を撮影してみました
コカコーラの缶に注目!
赤いはずのコーラ缶が、RPX 400ではグレーに
ORTHO 25ではブラックコーヒー缶と見分けがつかない黒色に映っています


f0237711_20254235.jpg
FUJI KLASSE S RPX 400

f0237711_2026090.jpg
PENTAX Z-1 ORTHO 25

こっちは、赤い旗を撮影したものです
RPX 400では白っぽく
ORTHO 25では、濃いグレーになりました
赤が黒く写るって感じでしょうか


いやー、こんなに違うんですね
撮り比べてみると一目瞭然です
ちょっとした驚きです

女性ポートレートなら、唇が強調されたエキゾチックな作品が撮れるかも〜
空に映える、彼岸花とかぁ〜
是非ともチャレンジしてみたいです


かわうそ商店は、満二歳ありがとうキャンペーン開催中です
フィルムオンラインショップ、かわうそ商店の入り口はこちら
[PR]
by efke_fan | 2012-09-03 20:44 | Rollei ORTHO 25 | Comments(2)

赤外線撮影は条件によって変わる?

さて、今回は赤外線撮影の作例第二弾

今年2月に撮影した流氷原と青空の赤外線写真作例です
撮影は不肖管理人の自分であります
現像とプリントは自分の先生でありますM.O氏に無理矢理お願いしたものです
ただ、白い流氷と青空の撮影だったので
赤外線効果は少ないんですが。。。

さて、昨日のM.Kさまの作例と同じような結果になったでしょうか・・・
今回はEVという表示がピンとこないので、段数表示にしました(汗)


撮影機材 PENTAX LX・FA20-35F4AL・ハスキー三脚
フィルム efke IR820、efke IR820AURA
フィルター 富士ゼラチンフィルター SC74 
撮影時天候 晴れ・順光
作例はRCペーパーにプリントしたものをスキャンし、明るさを若干調整しました

撮影開始はフィルター無しのカットを段階露出で撮ると良いです
フィルターがないと赤外線写真になりませんが
その日その時の状態を通常撮影として記録することが大切と言われています
じゃないと、どんな条件で、どのような赤外線効果が出たのか分からなくなっちゃいます


f0237711_14574571.jpg
フィルター無し・F16 1/125 efke IR820 1月29日撮影
ちなみに、内蔵露出計の測光値はF16 1/500だったので+2補正したものがほぼ適正でした。やっぱり実効感度が低いようです。

続きを読む☞
[PR]
by efke_fan | 2011-05-04 15:11 | Efke IR820 赤外フィルム | Comments(4)

赤外線写真の作例

「赤外線写真の作例をそのうち載せます」宣言をしてから2ヶ月も経ってしまいました(汗)
どうやって纏めようかなぁ~と思っているうちに
熱意は冷め、気力も薄れ・・・(笑)

そうこうしていたら先日なんと
赤外線フィルム・efke IR820AURAをご購入頂いたM.Kさまより
撮影できましたと写真付きでメールを頂きました

赤外線写真の数少ない作例、それも露出補正の様子を一枚に纏めて頂き
とても分かり易かったので、このefke fanで紹介させて欲しいとお願いしたところ
快く承諾頂いたばかりか、写真をこのブログのサイズに合わせて再送してくれました

f0237711_11562499.jpg
M.K様撮影

続きを読む☞
[PR]
by efke_fan | 2011-05-03 12:56 | Efke IR820 赤外フィルム | Comments(0)

ロールフィルム入門〜第二回「ベロ切れに注意」

光カブリは圧倒的に127サイズが発生しやすいです(120サイズのフィルムにも起こりますよ)
これは、スプールの径が細い分撮影終了後はしっかりときつく巻かなければならないからでしょう

でも、ここで一番気をつけて欲しいことは
フィルム交換するとき
直射日光に晒らさいのは当然ですが、明るいところでも避けることです

まず始めにフィルムを箱から開封してアルミシート?から取り出すと
テープを剥がすのに苦労します Σ( ̄(エ) ̄lll) ガビーン
おい、おい、FUJIじゃな考えられんぞな・・・
爪が長いと、ササッっとペーパーナイフのように割けるでしょうけど
ここで、難儀しているとフィルム先端のベロを千切っちゃったりしますのでご注意ください


f0237711_23321387.jpg
箱から出すと、アルミシートにくるまれています
このシートは撮影終了後使用しますので捨てないで下さい


f0237711_23323345.jpg
シートから取り出した状態
緑の紙を剥がしてから、カメラに装塡します
この時点から、周囲の明るさに注意してください


f0237711_23334394.jpg
こんな風に、上手いこと剥がれません


f0237711_23335981.jpg
2枚目の写真の盛り上がったところを爪で縦にそぎ剥がす感じが一番良さそうです
剥がすのに失敗すると、この先端の黒くなった部分(べろ)を切ってしまう危険性もあります
切っちゃうと面倒なことになります


次回は、上手なフィルムの入れ方です


Yahoo!オークションでフィルムを販売しています
[PR]
by efke_fan | 2010-08-11 23:51 | フィルム入門 | Comments(0)

ロールフィルム入門〜第一回「光カブリに悩む」

今日から初心者向けにロールフィルムの取り扱いを連載します

私のところで扱っているロールフィルムは
120サイズと127サイズの2種類です
120は中判と言われる、645、66、67サイズ等のカメラ向けです
代表的なものとしてPentax645、Pentax67、二眼レフのRolleiなどがあります


*記事中、時々勘違いもあるかと思いますが
そんな時はやんわりとご指摘ください
よろしくお願いします


第一回目は、誰もが通るベスト判フィルムの「光カブリ」についてです

f0237711_21261691.jpg
PRIMO-JR Topcor 6cm F2.8 efkeR100
左下がカブッてしまいました

⇒続きを読む
[PR]
by efke_fan | 2010-07-27 21:37 | フィルム入門 | Comments(6)

赤外線フィルムIR820の公式資料です

前回に引き続き赤外線フィルムについての資料紹介です

FOTOKEMIKA社から、この資料が詳しくてとても良いよとサイトを教えてくれました
12ページのPDF資料になります
IR820の公式資料ダウンロードはこちら

残念ながら英語版になります
日本語訳を試みているのですが
写真のことは幾らか分かるけど、英語が解せない自分と
英語は分かるが、写真が解せない友人と二人三脚で解読中です
ぼちぼちと進んでますので、今暫くお待ちください

あら?っと思われるかも知れませんが
この資料はドイツのMACO社が公開している資料です
フィルムの名称もIR820cと"c"が付いただけでefkeと全く一緒です
どうやら、製造はFOTOKEMIKA社、販売はMACO社がおこなっていたようですが
今は提携解消になったのか、efkeブランドになったようです

IR820cとIR820c AURAと2種類のフィルムがありますが
現在はIR820cだけしか輸入販売していません
AURAは読んでの通り人の発するオーラです
滲み、フレア、ハレーションのような効果が出るフィルムと解釈して良いかと思いますが
次回はサンプルで10本程度入れてみたいと思っています


R100で撮影した猫ちゃんです
赤外線フィルムとは全然違いますが(汗)暫し寛いでいただければ幸いです
f0237711_1428389.jpg
ROLLEIFLEX 4×4(ベビーローライ) Xenar60mmF3.5 efkeR100 旧東海道品川宿沿線 


Yahoo!オークションでフィルムを販売しています
[PR]
by efke_fan | 2010-05-04 14:50 | Efke IR820 赤外フィルム | Comments(0)

赤外線フィルム入門

赤外線フィルムについて時々ご質問を頂きます
素人の自分は明快な回答が出来なくて申し訳なく思っているのですが
赤外線写真を撮影するのにとても参考なるサイトがあるので紹介します

赤外線写真撮影のイロハを丁寧に解説されているので
全くの初心者でも気軽に挑戦できちゃいそうです
是非ご一読ください
赤外線写真入門入り口

この、tokyo-photo.netさんの中に
モノクロ入門も解説されています
併せてご覧ください
モノクロ写真入門入り口
[PR]
by efke_fan | 2010-05-02 10:00 | Efke IR820 赤外フィルム | Comments(6)


フィルムオンラインショップ「かわうそ商店」 http://kawauso.biz/ の情報ブログです。どうぞよろしくお願いします。管理人・毛利剛


by efke_fan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

カテゴリ

はじめに・経緯
NEWS
フィルム入門
現像データ
RERAPAN 100-127
RERACHROME 100-127
Bluefire 160-127
BERGGRE BRF 400
CINESTILL 50D/800T
Efke KB50 / R50
Efke KB25 / R25
Rollei VARIO CHROME
Efke KB100 / R100
Efke KB400
Efke IR820 赤外フィルム
ILFORD XP2 Super
ILFORD DELTA3200
Rollei ORTHO 25
Rollei RETRO 80S
Rollei Retro 100
Retro 100 TONAL
Rollei Superpan 200
Rollei RETRO400/400S
Rollei Infrared400赤外
Rollei RPX 25
Rollei RPX 100
Rollei RPX 400
Rollei Blackbird 100
Rollei Redbird 400
Rollei Nightbird 800
Rollei Crossbird 200
Rollei CN 200
Rollei CHROME CR 200
Rollei RCN 640
ADOX SILVERMAX
ADOX CMS20Ⅱ
ADOX CHS100Ⅱ
ADOX SCALA 160
Agfa vista plus
Agfa CT precisa 100
Agfa APX 100
Agfa APX 400
Agfa SCALA 200x
Ferrania EURO PRINT
FOMAPAN 100
FOMAPAN 200
FOMAPAN 400
FOMA RETROPAN 320
FOMAPAN R100
FUJI Superia
FUJI Superia X-TRA
FUJI NEOPAN 400CN
KENTMERE 100/400
KODAK Colorplus
KODAK Farbwelt
KODAK PORTRA
KODAK EKTAR 100
KODAK Elite Chrome
KODAK BW 400CN
KODAK TRI-X 400
KODAK T-MAX 100/400
KODAK T-MAX P3200
Lucky Color
Lucky SHD100
ORWO UN54
ORWO N74 Plus
SHANGHAI
シートフィルム
その他のフィルム
モノクロ使い切りカメラ
モノクロ印画紙
写真集・写真展・イベント
写真用品・撮影機材
かわうそと愉快な仲間達
かわうそ裏話
127・110・126現像OK店舗
127・110・126プリントOK店舗
クロス現像OKのお店
レッドスケール、現像OKのお店
127フィルムとカメラの相性

最新の記事

知床カレンダー
at 2017-12-05 21:27
レラクローム復活に向け前進し..
at 2017-10-25 14:55
写真展(グループ展)に参加します
at 2017-10-21 20:13
ワークショップ「日本一の鮭を..
at 2017-10-05 17:38
RERAPAN 100-12..
at 2017-09-08 22:27

最新のコメント

愛好者です。現像後のスプ..
by いし at 20:32
n.mさま、こんばんは!..
by Letsgo_M at 22:31
クローム・・購入し損ねて..
by n.m at 22:08
永倉さま、こめんとありが..
by efke_fan at 20:50
Rollei digib..
by 永倉繪美琉 at 22:23
永倉さま すみません、..
by efke_fan at 14:09
最近になって、ここでもモ..
by 永倉えみる at 21:35
関 博之様、コメントあり..
by efke_fan at 11:53
ひ様、コメント並びに情報..
by efke_fan at 11:50
ベッピンレンズ付きカメラ..
by 関 博之 at 16:24

タグ

(179)
(148)
(86)
(51)
(51)
(47)
(37)
(30)
(26)
(21)
(18)
(15)
(13)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)

以前の記事

2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

お気に入りブログ

worldwidelan...
スクエアな時間

リンク

最新のトラックバック

venushack.co..
from venushack.com/..
venusgood.co..
from venusgood.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
夕暮れ時の中部国際空港
from レンズ地獄(大判・中判編)
琵琶湖夕景
from レンズ地獄(大判・中判編)
Rollei ORTHO25
from 元祖・レンズ地獄(一眼編)
FUJIFILM NEO..
from レンズ地獄(35mmレンジフ..
謎のフィルム
from 元祖・レンズ地獄(一眼編)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ

画像一覧